カフェインがもたらす効果と副作用について気になったので調べてみた!

カフェインについて、みなさんは気にしたことはあるでしょうか?

現在、カフェインの含まれる飲料は数多く存在します。

「コカ・コーラ」、「コーヒー」、「緑茶」など本当に多くの飲料から自然と摂取することが出来ています。

「いや、別にカフェインを摂りたくて摂っているわけじゃない!」

なんて方も当然いるとは思いますが、カフェイン=有害?無害?なもののどちらなのでしょうか?

日ごろ、気にせずにコーヒーなどで毎日摂取したりしている社会人のみなさま。

キャンパスの講義中にコーラを飲んでいる大学生のみなさま。

そのカフェインについてちゃんと知っていますか?

カフェインがもたらすメリットとは!?

カフェインがもたらすメリットと聞いて思い浮かぶものはなんでしょうか?

個人的には「眠気覚まし」というのが思い浮かぶ方が多いはずですよね。

「あ~午後から眠くなるし、コーヒーでも飲んで目を覚ますかな!」

なんて、言う経験をした社会人の方は多数いるはずですよね。

そうなんです。まず、1つ目のメリットというのは

①カフェインには覚醒作用がある!

カフェインは、わたしたちの脳の中枢神経系に作用して興奮させることにより、目覚ましの効果が期待できるのです。

特に眠気がひどい時にコーヒーを飲むと言うのは理にかなっていまして、そのカフェインの含有量はウーロン茶の3倍、コーラの6倍ほどの含有量があるのです。

そのために、飲んだあとに効果が表れるわけなんですが、大体その効果が表れるまでには20分~程度の時間が必要と言われています。

なので、眠いからと言っても、決して即効性のあるものではな無いと言うことですね。

また、日ごろからコーヒーなどでカフェインを摂取しない人がたまに摂取するとですね。その効果が割と著しく現れることもあるようです。

わたしの知り合いの女性も、日ごろコーヒーなどを飲まないようですが、たまに飲むときは「夜になかなか眠れない」ということで困ったことがあると聞いたことがあります。

ただ、当たり前な話にはなりますがミルクの含有量が多い缶コーヒーなどではそのカフェインの含有量も異なるために、多くのカフェインを摂取するのであれば、出来ればブラックを選ぶことをおすすめします。

②ダイエットに効果がある!効率的な脂肪燃焼を!

なんでダイエットにカフェインが結びつくのか?

そんな疑問が浮かぶと思うのですが、カフェインを摂取することで中枢神経系などに働きかけを行うことは前述で説明しましたよね。

その効果は、そのまま血流の改善にもつながることになり、新陳代謝を活発にすることになります。

その結果、有酸素運動などの運動を取りいれることで「よりダイエット効果がある」と考えることが出来るようです。

甘い話はやはり無いわけで、飲むわけでダイエットが出来るわけではありません。

運動(有酸素運動がより良い)との組み合わせによって効果が発揮できるというわけなんですよね。

ちなみに、覚醒作用と同じようにカフェイン摂取から20分~程してから効果が出始めるために、飲んですぐに運動してすぐに運動を止めては効果は期待できないのでご注意を!

カフェインがもたらすデメリットとは!?

ここまでは、カフェインのメリットを述べてきましたが、やはりデメリットも存在します。

メリットだけのものなんてこの世には無いので仕方ありません。

カフェインの多量摂取で死亡・・・

やはり、記憶に残っている怖い例と言うのが

「レッドブルの過剰摂取によりアメリカ人男性が死亡」

こんなことを聞いたことが無いでしょうか?

ニュースによれば、1日で24本ほどのレッドブルを多量に飲んでいたようです。

日本のレッドブルとアメリカのレッドブルではカフェインの量が圧倒的にアメリカの方が多いので、日本に合う内容とは言えませんが、恐ろしい話です。

死亡の原因は、カフェインの多量摂取による心臓破裂と言うことで、カフェインはかなりの負担が心臓に掛かると言うことが分かるのではないでしょうか?

ただ、このニュースのようなことは本当に極端な話ですよね?

普通に考えて、こんな多量に飲み物を飲むことは少ないでしょうし、適度なカフェインの摂取であれば「レッドブル」であろうとも心配はありません。

むしろ、日本の場合はカフェインよりも砂糖の多さで糖尿病の心配の方が恐ろしいかもしれませんね。。

トイレが近くなる利尿作用

経験が無いでしょうか?

コーヒーを飲んだ後にトイレが近くなるという経験が。

カフェインに含まれる効果としては、利尿作用がありまして「何度も何度もトイレに通う」

それは、大か小かを問わずに起きてしまいます。

個人的には、小がかなり近くなることが多く、日によってはコーヒーの摂取を控えるようにわたしはしています。

だって、会議などがある日に頻繁にトイレには行けませんからね。

なので、もしテスト期間中の学生さんなどが居ればカフェインが含まれる飲み物はテスト後に飲むのをおすすめしますね。

補足!ちなみにおすすめのカフェイン摂取方法は?

補足になるんですが、ここまで読んで頂いてどのようなカフェインの摂取をすれば良いのか?と言うことですが

正直なところで言えば、コーラや缶コーヒーなどの甘い砂糖が多く含まれているものを除けば問題ないと言えると思います。

特に、カフェインの摂取の多くはコーヒーから摂るという方が多いでしょうから、コンビニコーヒーでも良いですし、スタバやタリーズなどのチェーン店で購入するのも良いでしょう。

まぁ、わたしの個人的な最近の飲み方は、Amazonで購入したネスレのドルチェグスト毎日作ったコーヒーで朝と夜に飲んでいることが多いですね。

手軽で美味しくて経済的にコストが安く済むので助かっています。

以上、余談でした。

まとめ

ここまでいろいろと説明をしてきたのですが、カフェイン自体は本当にそこまで悪いものではないと言えます。

むしろ、正しく摂取することを心がければ「メリットの方が多い」とも言えるはずです。

しかし、めまいや吐き気などなぜ知らないけども起きてしまう。なんて言う方はカフェンがそもそも身体に合わない可能性もあります。

そのために、自分自身の身体に合わせてカフェインを摂取することを心がけて下さいね。